なぜ女性も抜け毛が増えるの?

女性でも30代の頃から何となく髪にコシがなくなってきて、細く元気がなくなってしまうように感じるかたも少なくなく、40代になるとさらに抜け毛が増えてしまって気がついたら地肌が透けて見えてしまうほど髪の毛の量が減ってしまっていた、という事態も増えていっています。

 


 

 

気づいたら薄毛に!?

女性の薄毛というのは男性とは原因が異なり、女性型脱毛症と区別されています。男性の脱毛症の場合には生え際がM字に後退していったり頭頂部が薄くなることから脱毛が始まり、だんだんと範囲が広まっていきます。ですが、女性の脱毛というのは髪の毛のハリやコシが失われ細くなくなってしまって、密度が低くなっていくことで頭全体が薄くなっていきます。最初は髪の毛を縛ったり分けたときに、分け目が目立ってきたことで気がつくかたが多いです。

 

40代という年齢になって急に抜け毛が増えてしまう大きな原因といわれているのが、加齢による毛包の構造の変化に加えて、女性ホルモンの分泌量の低下によるものです。髪の毛の成長には二種類の女性ホルモンのうちのエストロゲンといわれているホルモンが大きく関係しており、30代半ばを過ぎた頃からその分泌が減っていきます。40代になるとさらに減少して、さまざまな更年期障害の症状を引き起こします。

 

魔法のエントロゲンとは?

エストロゲンは毛髪を育てて、成長を促す作用があります。しかしエストロゲンが少なくなってしまうと、髪の毛の成長期が短くなってしまい、早い段階で髪が育つのをやめて抜けていってしまいやすくなるのです。男性のように急激に脱毛が進行していくことはありませんが、徐々に髪の毛全体が退化していってしまいます。

 

それに加えて、40代頃になると今まで髪に与え続けてきたダメージが表に出てきやすくなります。エストロゲンの減少で弱まってしまった髪の状態に、さらに若い頃からかけてきたパーマや使用してきたヘアカラーなどによって蓄積されたダメージで、頭皮がとても痛んでしまっていることで余計に髪が抜けやすくなってしまっている場合が多いです。

 

40代になり抜け毛が気になり始めたら、今まで以上に頭皮と髪の毛を気遣うようにしなければなりません。例えば女性ホルモンの分泌のためには充分な睡眠時間が必要です。副交感神経が優位な状態になる22時から深夜2時の間になるべく睡眠をとるようにすることで、ホルモンの分泌が促されます。

 

また、大豆イソフラボンはエストロゲンと似たような働きをする成分で、女性の更年期障害対策に積極的に摂取することが勧められています。髪の毛のためにも日常的に食事やサプリメントから摂るようにすることをおすすめします。